女性ホルモンがバストアップの秘訣

女性ホルモンの摂取が美乳の秘密

バストアップを成功させるために最も必要なのは「女性ホルモン(エストロゲン)」です。

その理由はエストロゲンの分泌量を増やしていくことで、胸の乳腺を再成長させることに期待することができるからです。

一般的に女性ホルモンの分泌量は10代前半~20代前半がピークと言われ、20代半ばをめどに少しずつ量が減っていきます。

そして、40代になると一気に分泌されなくなり、60代になる頃には全盛期の8分の1程度しか分泌されないようになります。

実は胸が成長し衰えていく流れはこの女性ホルモンの分泌の流れに沿っているのです。

そのため、20代も半ばに差し掛かる頃には自然なバストアップを望むことはできません。

しかし、女性ホルモンの分泌量の低下を食い止めたり、逆に増やすことさえできるのなら胸がたれたりしぼむことなく、逆に大きくすることも可能なのです。

エストロゲンとバストアップ

特に女性ホルモンの中でもエストロゲンというホルモンはバストアップに大きく関係しています。

エストロゲンはバストアップ以外にも排卵を促す、自律神経のバランスコントロール、骨密度の維持、血中のコレステロールを減らす、他のホルモンの動きを促すといった働きにも期待でき、女性らしい体作りをするのに一番必要と言われています。

エストロゲンを摂取することで乳腺を大きくすると単に胸を大きくすることが望めるだけではありません。

しっかりとした張りと揉みごたえのある胸にすることができるのです。

単に脂肪がつくだけでなく、胸を形作るのに一番重要な基礎となっているのが乳腺なので形が悪くなることはありませんし、歳をとっても垂れたり離れたりすることがありません。

つまり、一時的ではないバストアップ、いくつになっても若々しい胸を保つためのバストアップをすることに期待できるということです。

美容形成手術でのバストアップではなくあくまで体の中から自然と成長を促すことによるバストアップなので安全なのもポイントが高いです。

サプリメントや食事の改善、エクササイズがこの女性ホルモンの分泌の増大に大きな効果があります。

女性ホルモンは男性のバストアップにも効果があると言われています。

詳しくは、0から始める男性のバストアップ塾で詳しく書かれています。